ピアキャスト動画倉庫

動画配信界の限界集落、PeerCastのニュースサイト

表現者だん、AKB48小嶋陽菜恫喝事件後、魔法の手帳が2級に昇格

dan1

因島の表現者ことピアキャス配信者だん。とある理由によりピアの中でも独自路線を貫く、生活垂れ流し系配信者である。

そんな彼が、ついにこの度、魔法の手帳が3級から2級に昇格してしまったようだ。

だん、AKB握手会で小嶋陽菜を恫喝する事件

dan2

さて、この表現者だんは先日大変な事件を起こしてしまったのだ。

だんは、テレビ業界と確執を抱えているというセリフを常日頃繰り返しているが、特に某音楽アーティストや、放送局、AKB48の大島や指原といった特定アイドルに対して憎悪を抱いていたのである。

「あいつらが俺のことをバカにしている、俺を見て笑っている」、ということを配信では口癖のように繰り返しており、だん配信の風物詩となっていた。

 

しかし今回だんが恫喝してしまったAKB48の小嶋陽菜は、だんが個人的に大ファンで推しメンだったのである。にも関わらず、ちょっとしたことがきっかけで「あいつが俺の顔を見て、俺の顔のマネをしている。わざと変な顔をして」、と握手会で叫んでしまったのだ。

 

だんの本来の性格は割と弱気で、日々妄想確執泥酔を繰り返す配信者である。しかしながら稀にスイッチが入ってしまうことがあり、この事件当日が奇しくもその日であった。

各まとめサイト等で報じられている通り、この日だんはAKB48の握手会に参加。その席上で小嶋陽菜に対して「俺の顔真似をしないよう」要求。言い合いがエスカレートし、やがてAKB支配人の戸賀崎を呼べと叫びだす事態に発展。

なぜ推しメンの小嶋陽菜に対して恫喝してしまったのかというと、握手券を複数枚同時に出して握手の時間を作ったもののしゃべることがなかったのと緊張でテンパッてしまいこのような事態になってしまったのだ。

 

小嶋「はーいありがとう」
小林「真似しないでください」
小嶋「なんの?」
小林「真似しないでください」
小嶋「なんの?」
小林「真似しないでください」
小嶋「なんの?」
小林「真似しないでください」
小林「真似しないでください」(大声)
スタッフ「なにかあったの?」
小林「戸賀崎(AKB支配人)だしてください」
戸賀崎「どうしたの?」
小林「なんでそうやって知らないふりするんですか」
戸賀崎「なにを?」
小林「帰ったら東京でまた僕のことネタにしてテレビ流すんでしょ」
戸賀崎「なんの話?」
小林「小林宏臣ですよ。なんでとぼけるんですか。東京の人は」
戸賀崎「頭おかしいのかお前?」
小林「僕のことネタにしないください。フジテレビに言っといてくれよ。電通にも言っといてくれよ」

 

小嶋陽菜の大ファンであるにもかかわらず、握手会に出向いてまで恫喝してしまったという摩訶不思議な行動をしてしまった表現者だん。この行為を見た戸賀崎支配人は、「頭がおかしいのかお前?」、とだんを一喝。

そしてこの行為が後に大きな意味をもつのであった。

 

だん、小嶋陽菜恫喝事件から1ヶ月、役所からとある通知が

dan11
結局このAKB48握手会事件については、魔法の手帳のおかげか無傷で済んだだん。

そしてこの事件が遠因なのかは不明だが、彼の元に役所から通知が届いたのである。

 

だん、3級から2級へレベルアップを果たす

だんは、ついに魔法の手帳が3級から2級に昇級してしまったのである。

2級に認定されたことを喜び、ツイッターで謝辞を述べる表現者だん。

 

有名奇行ニコ生主である、まんごるもあと同じステージに立てたと2級認定を喜ぶだん。初めはまともだったのかもしれない彼だが、大卒にしてとうとう2級である。

 

なお2級戦士の状態は、法律上、「日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの」、とされている。また、その能力は以下のように規定されている。

 

・調和のとれた適切な食事摂取が援助なしにはできない。
・洗面、入浴、更衣、清掃などの身辺の清潔保持が援助なしにはできない。
・金銭管理能力がなく、計画的で適切な買い物が援助なしにはできない。
・通院・服薬を必要とし、規則的に行うことが援助なしにはできない。
・家族や知人・近隣等と適切な意思伝達や協調的な対人関係づくりは援助なしにはできない。
・身辺の安全保持や、危機的状況での適切な対応は援助なしにはできない。
・社会的手続きや一般の公共施設の利用は援助なしにはできない。
・社会情勢や趣味・娯楽に関心が薄く、文化的社会活動への参加は援助なしにはできない。

 なお、2級の特典としてS年金が受給可能になったらしい。ナマポをもらっていただんさんだが、受給額を減らされていた分もS年金によって満額受給できることになりそうだ。

dan1

また一歩、表現者として磨きがかかったピアキャス配信者のだん

これからもお縄にならない程度に、その独自路線を突き進んで行ってください。

とうとう本物になってしまわれた

コメント欄

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 手帳2級に昇格ってのがどれだけすごいのか力説したほうがいいよ
    毎月年金貰えるんだから

  2. 小林はネタじゃなくて年々酷くなってきてる
    数年前は詐病スリルだらけだったのに
    昨今はリスナーにガチなのが理解されて詐病スリルが減った・・・

  3. だんさんは長年小嶋さんの大ファンで敵意を向けていた事などありませんよ。
    憎悪の対象は大島さんと指原さんでした。
    恫喝の対象が小嶋さんになったのは、握手券を複数枚同時に出したものの、
    喋る事がなかったのと緊張でテンパって衝動的にああなってしまったのです。
    細かい事ですが、アンチが握手会まで出向いて恫喝したのではなく、
    大ファンなのに恫喝してしまったというところが、
    池沼表現者として大事なところなのでご指摘させていただきました。
    握手会前はどこに行こうか毎日とても楽しそうに悩んでいました。

  4. 2級の特典すごいなwww

  5. 3級までとれれば、後は犯罪繰り返すだけで受給額増えるシステムなんやなw
    ナマポもらってるやつらはやっぱりソレを目指してるのかな

  6. 普通にトウシツじゃん

  7. 日々なんの生産性もない
    孤独な生ポ生活は、これから長い人生でどんどん嫌気がさしてくるだろう
    30代 40代からが精神的苦痛の本番だよ

  8. ナマポとS年金はトータルで同じ額になるから総支給額は変わらないよ
    例えばナマポで15万もらえてたならS年金6万+ナマポで9万になるだけ

  9. 処方された薬も飲まずに悪化する一方やな
    まあ階級上がるから本人はそれでいいんだろうけど

  10. だんさんはネタなのかマジなのかわからんから怖い

  11. 運と実力、両方をうまく活用して現在の地位を勝ち取っただんさんは
    ある意味賞賛に値する人間だと思うw

  12. こんなゴミがのうのうと年金生活
    腐ってるわ本当に

  13. これって悪用すれば、キチガイの振りしてるだけで収入が入るってこと?
    障害者手帳を貰うことによるデメリットがこの記事じゃ皆無っぽいんだが

  14. キチガイのフリをするキチガイだから正常な人間は真似できません

コメント投稿はこちら

*

Return Top