ピアキャスト動画倉庫

動画配信界の限界集落、PeerCastのニュースサイト

[雑記]LoL日本鯖のAI戦が全員BOTで嫌な思いをした

lolbot1

タイプは異なるが、全員BOTである

LoL日本鯖ができてからというもの、RiotJAPANを含めた運営側の不手際や運営能力不足、数々の不満点があちらこちらで見られるようになった。

私自身も、ここでとある不満をぶちまけたい。AI戦がBOTだらけでゲームがまともに成り立ってないのだ。BOTなんて、NAサーバーではほとんど見かけなかったものだが・・・。

bot2

「なーにがAI戦だよ、対人戦をやれ」、という声も聞こえてきそうですが、LOLのAI戦はストレス発散にはなかなか良いんですよ。

暴言やtoxicとは無縁のモードですから、とにかくギスギスしがちなLOLの対人戦とは違い、シコシコ敵を倒しては悦に入る事ができる訳です。いわゆる自己満足というやつですね。

 

CIMG0721_400x400

COOPの鬼、ことパネる氏 (現在行方不明)

世の中では『COOP専』と揶揄されるほどAI狩りに勤しむ人もいる訳で、例えば元ピアキャス配信者で現在行方不明となっているパネる氏もその一人でした。

サブ垢を含め、COOP1000勝達成も間近か?といったところでネットの海の藻屑と化して消えた彼。パネる氏を発見された際は、是非当サイトまでご連絡ください。

 

 

話題が横にそれましたが、LOLのAI戦は社会に疲れた人間を引き寄せる何らかの魅力があります。そしてご多分に漏れず、私も時たまストレス解消のためにAI戦を頻繁にやって逃げていたんです。

 

日本鯖ができる前までは。

 

lolbot1

日本鯖はBOTまみれ

どうして日本鯖ではAI戦でシコファーしなくなったのかと申しますと。

実は、私がストレス発散の場として利用しているAI戦が、現在大量のBOT(非認可サードパーティ製プログラムを利用した自動操縦キャラ)に蹂躙されています

日本鯖の初期はレベル上げのために肉入りのサモナー達で盛況でしたが、今はチームメンバー4人の中で肉入りが1人いれば良い方といった有様。

おまけにこのBOT達にも色々とタイプがあり、ゲームにすら接続のできない低性能なものから、レーン宣言やpingを出せるものまで存在しています。

 

タイプ1 ゲームへの接続が不安定

rr1

このタイプのBOTは、接続すらできないか、あるいは接続・ゲーム退室を繰り返します。ディスコネクト状態の場合、AI戦の頭数に入らない(敵の数もDC分だけ減る)ため、基本的に人畜無害です。

 

 

タイプ2 ゲームに接続するが、死なないようにうろうろするだけ

rr2

このタイプは一応サモナーズリフトでチャンピオンを動かしていますが、敵やミニオンの近くをうろうろしてHPが減るとすぐにベース方向へ引き返し、リコール。死なないように設定されているのでしょうが、AI戦の頭数には入りますので、いるだけ邪魔な存在。

 

タイプ3 ゲームに接続し、ただ特攻して死にまくる

ra3

この死にまくるタイプ一番迷惑で、敵は育つしタワーは折れるしで沢山いると大変なことになります。タワーやチャンピオンに攻撃されようが平然とミニオンを殴るノータリンなBOTで、本当に迷惑な存在。

これら低性能なBOT達は、サモナースペルをヒールやゴーストにしている事が多いです。経験則として、チャンピオン選択画面でも即ピック・ロックしていることが多々あります。

 

タイプ4 優秀なBOT

ra51

そして時たま、ゲーム開始前のpick画面やゲーム開始直後にレーンコールを行う優秀なBOTが紛れ込みます。このタイプのBOTは大変性能がよく、特にFEEDすることもなくレーン戦をこなしてしまいます。

また、同じレーンに他のチャンピオンが来た場合、別レーンにON MY WAY pingを打ち移動するようになっています。ゲーム開始前に宣言したレーンへ基本的に移動するAIになっているようなので、宣言レーンにチャンピオンがいなくなれば、再びpingを打ってレーンを移動します。

ただ、そのpingの打ち方と場所が機械的ですごく不自然なので、AI戦プロの方はすぐ気づくことができると思います。

 

 

で、何が不満かっていうと、『RIOTJAPANがoβテストを理由にBOTをほとんど取り締まっていない』ように見えるんですね。例え実際に処理は行っていたとしても、レスポンスが遅い、情報を公表しない等の理由で不信感が出ています。

というのも、COOP中に遭遇したBOTのリストを作成してリスト化してみたはいいものの、プロフィールを見る限りほとんどが生存しているようなんです。(通報済のアカウントが)

 

プロフィールから追えない者(ごく少数)については、業者がBOTで育てたレベル30アカウントを販売し、買った人間がサモナーネームを変更したのではないか、と勘ぐっています。

ある程度LOLをやった人間ですら、ほとんどBOTしかいない状況のAI戦に嫌悪感があるのですから、最近はじめた初心者の方が抱く思いというのは相当なものでしょう。

下手をすると、『現状のBOTだらけの酷いAI戦がLOLというゲームそのものなんだな』、とも思い込みかねません。そして更なる過疎化、選民化へ・・・

 

AI戦でなくてNORMALに行けという声も聞こえてきそうですが、現在のNORMALはレート帯によっては「非常に悪質な暴言吐き」、「プリメイド(身内チーム)による、ソロ参加者が常に悪者にされ続けるゲーム」が高確率で発生します。

そんな中に、AI戦がやりたいと思っている初心者をほおりこんだら、メンタルが弱い人間は一発でゲームをやめてしまうでしょうね。

日本という人口の少ない地域でゲームとして成功するためには、幅広い層を取り込めないと基本的に失敗してしまいますし、今のLOL日本鯖は、AI戦だけでなく『暴言Trollがほとんど処罰されないように見える、やりたい放題のNORMAL対人戦』にも大きな問題を抱えています。

 

 

某ゲームのように、「BANしたアカウント、サモナーネームの公開」までは求めるのは酷かもしれません。

が、「BANしたアカウント数」や「調査期間ごとにそれぞれの処分を行ったアカウント数」について公開するだけで、BOT問題に関するRIOT JAPANに対する不信感は少なくなると思うのですが、いかがでしょうか。その情報が正しいかどうかはまた別問題ですが。

あくまで個人的な意見ですが、身内らしい女子との間でLOLグッズを手土産に謎の交流をしている暇があるのなら、情報公開の一つや二つぐらいできそうな気がします。特に日本の場合は、そういう所が細かく求められるのでは。

 

長くなりましたけど、早いところ大量のBOTは何とかしてくださいね。私、このままだとAI戦ですらストレスが溜まって、パネる氏と同じように発狂してしまうかもしれません。

 

※後日談

riot 4

LOLにBOTが溢れててヤバいってことを記事にしたら、偶然にも翌日、BOT対策の進捗状況が公式ボードで公表された

情報公開については評価をしたい。しかし4000アカウントを停止して今の状況であることを考えると、対応が後手に回っている気がしないでもない。

このままだといたちごっこになりかねず、何らかの抜本的対策か、通報受理AIの更なる学習量が必要かもしれない。ここ最近のオンラインゲームは大作以外は不作であり、RMT業者などはLOLで一山当てようという意思が強いように思えるからだ。

 

すでにレベル30になっている諸氏にはあまり関係がなかったかもしれない今回の話。しかし未だLOL未経験者・初心者にとっては茨の道である。

0.0 rating

コメント欄

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 俺は嫌な思いしてないから

  2. パネルの話全然関係ないじゃんw

  3. BOTレベルならほぼ1v5の状況でも勝てるでしょ
    うまくなればいい話よ

  4. BotはNAでもいたしどこのサーバーでもいる
    プレイヤー人口の問題で日本鯖でBotが多く感じるだけ
    運営は対応しようとしてるけど人材不足で手がキッチリ回らないからOBTって言ってんじゃん
    すぐ日本鯖ガー、運営ガーっていうやつは別鯖でやればいい

  5. なんてタイムリーな記事
    BOTに嫌気がさして、一緒に始めた友達が辞めちゃいました・・・
    私もそうとう嫌になってますが、LOL面白いから辞めたくはないです

  6. 別にCoopで別プレイヤーと馴れ合いするでもなし、一人でもボンボン敵殺してスッキリなんて出来るじゃん。
    むしろこのままCoopから出てこないでほしいわ

コメント投稿はこちら

*

Return Top