ピアキャスト動画倉庫

動画配信界の限界集落、PeerCastのニュースサイト

【ニコ生】ウナちゃんマン、在特会会長の殺害予告を配信で行い、BAN。配信引退の危機にたたされる。


ニコニコ生放送では最近、大物配信者の引退や休止が見られるが、先日もニコ生主のウナちゃんマン配信上で殺害予告を行い大炎上、引退の危機にたたされているようだ。



(7:25~)
在特会会長を名指しで殺害予告する、ニコ生主のウナちゃんマン

東京都が寄付を募り尖閣諸島の買取を計画したことについて、ウナちゃんマンが批判をしていたところ、急に話が在日特権を許さない会、通称在特会の話になり、会長の某氏を放送上で殺害予告してしまったこの放送後、彼はBANをされたようだ。

その翌日、一時期ピアキャストでも配信者sk2(佐々木)とも絡みのあった配信者鮫島が、このウナちゃんマンの殺害予告を警察に通報する配信を行った。



警察に通報をする鮫島と、ビビるウナちゃんマン。

この通報や、ニコニコ動画などで炎上してしまったために、結局・・・

 

ウナちゃんマンは、在特会への謝罪放送を後日ニコニコ生放送で行った。

本人が語るには、永久BANになったということらしいが、何故放送できているのだろうか。一説には彼が、在特会会長へ50万円を一方的に寄付したというような噂も立っている


今後二度と政治関係の話はしないようにします、すいませんでした、と語るウナちゃんマン。その様子は、普段の配信とはかけ離れている、非常に物静かな様子だった。


また、この配信をみていた元AV男優でニコ生主の緑(暗黒放送)は、ウナちゃんマンをきっちり通報しておいたから、と自身の配信で語った。

 

そういえばこの人も、少なからずピアキャスト配信者のあの人と関係がありましたね。

 

そして、偶然在特会の活動予定告知放送を行う予定だった、在特会の桜井会長配信を行いウナちゃんマンについて一言触れた

 

それによると、ウナちゃんマンから送られてくるであろう50万は、彼の弁護費用に使うべきだと語った。

そして、彼は自分の行動に対して責任を取るのは当たり前だが、どうせなら実際に来て欲しかった、もう口だけの人間にはうんざりだとも話す桜井会長。


そして騒動の渦中、ウナちゃんマンは最後の放送と称してニコ生で枠を取り・・・



生主の最後の悪あがきと称して、語りはじめた。

枠中では、自身が執行猶予中であるために刑期が延びる心配をしていた。果たして彼は、本当に捕まってしまうのか?今後の動きに注目したい。

コメント欄

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 騒動を受けて枠をとって放送したんじゃなくて
    最初から在特会の活動予定告知放送の予約枠ですよ。
    その枠に珍味団とうなアンチが来てコメント打ちまくってだけだよ。

コメント投稿はこちら

*

Return Top