ピアキャスト動画倉庫

動画配信界の限界集落、PeerCastのニュースサイト

【LOL】ブロンズ5の守護神、ピアキャスのひねさんが永久BANされる

ピアキャスのLOLゲーム配信界には、最底辺のゲームランクと言われる称号「ブロンズ」から脱出する事のできない、ブロンズ三銃士と呼ばれるプレイヤー達が存在する。

紆余曲折あり、最後に残されたブロンズ三銃士の中でも「ブロンズ5以下のウッドレベル」という不名誉な称号を得ていた配信者のひねさん。彼がとうとう本日、暴言により永久BANされてしまった。

最底辺ランクを守護するブロンズ三銃士

ピアキャスのLOL配信はレベルの上下差が激しい。チャレンジャー(最高位)の中でも上位クラスの配信がある一方で、ブロンズ三銃士のように最下層のゲーム配信も存在している。

そんな中、元ブロンズ三銃士のビゴーテ・ほえいが共に永久BANされた事は記憶に新しい。(参考:【LOL】ブロンズ三銃士のほえい、ビゴーテが永久BANされる)

彼らがBANされた事によりピアキャスのLOLブロンズ配信が少なくなり、とうとうブロンズ5守護神のひねさんしか最底辺ランクの配信がなくなってしまったのだ。

ひね、永久BAN

そんな中、その残されたブロンズ配信者のひねさんが、とうとう暴言で永久BANをされてしまったようだ。

推定10万超を課金したアカウントであったため、配信者のひねさんはBAN宣告画面を前に発狂。「俺より暴言してる奴はいる。こんなの暴言に該当しない」「俺はe-sportsにのっとりまじめにやった」と早口でまくしたてていた。

 

善良なプレイヤーである事を示す名誉ランクが0(最低)の状態であったことや、「中身が入っているのにBOT扱いされることがしばしばあった」ほどブロンズ5でも非常に悪い戦歴、度々行うTROLLやAFK行為も影響があったのだろう。

事前警告はあったようで、(反省して同じ事はもうしませんという文章に)了解しましたを押してプレイ続行してたと語ったひね氏。

今となっては反省をしても後の祭りなのだが、「あとはライオットのプロフェッショナルに任せる」、「俺は人情を信じる。」「納得はできません!」と、永久BAN解除の可能性があることに自信をもっている様子だった。

また文章だけにとどまらず、今回の処分が納得できないのでライオットジャパンに電話する!と吼えていたひね氏。果たして彼の思い入れのあるアカウントは放免されるのだろうか。

 

ゲーム内の悪質な言動により永久停止処分を受けたLOLプレイヤーは「全体の0.006%しかいません」って言ってますけど、ピアキャスに限って言えば30%ぐらいなんですがそれは・・・

コメント欄

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 記事まとめ乙
    やす、アン、ほえい、ビゴーテ、ひねの5人かな?
    永久BANドリームチームやがw
    ペカっていう狭い界隈でも、異常者多いとはいえこんだけBANされてると
    今だと0.006%よりもうちょい数字上がってそう

  2. 暴言っつっても配信で聞こえてくる声の暴言じゃなくて文字のチャットやろ
    それでBANされるほど暴言書き殴ってるってどんだけガイジやねん

コメント投稿はこちら

*

Return Top