ピアキャスト動画倉庫

動画配信界の限界集落、PeerCastのニュースサイト

【発狂BMS】LR2body.exeは動作を停止しました エラーの改善方法

lr2body1

最近、LunaticRave2(LR2)を使って発狂BMSをプレイしているのですが、クライアントが頻繁に強制終了してまともに遊べる状況ではありませんでした。

しかしながら、lr2bodyの強制終了をたった一つの行動で改善することができたため、備忘録として方法をブログに残しておきます。とはいっても、単にメモリの使用量を4gb_patchで増やすだけなのですが。

BMSというのはゲームセンターにある某音ゲーのクローンなんですが、これの高難易度曲・譜面を集めたものが発狂BMSと呼ばれています。ピアキャスでもBMS配信をされている方は数名いらっしゃいます。自分も、いわゆるdaoコンという物を海外から購入して遊んでいます。

 

lr2body1

で、BMSを遊ぶための本体がココで公開されているんですが、これがメモリリークを起こすんですね。

自分のプレイ環境では、SD版LunaticRave2(非HD化)で数曲遊んだところで「Lr2body.exeは動作を停止しました」というダイアログと共に頻繁に強制終了。めんどくせぇなぁと思いながら、数曲ごとに再起動を繰り返していました。

 

このエラーを回避するために、

・ムービーを使用しているスキンは使用しない

・LR2 SETUPのSELECTタブで「選曲中プレビューを再生する」のチェックボックスをオフにする

以上の二点が推奨されていましたが、自分の環境では特に状況は変わらず。根本的な問題解決にはなりませんでした。

 

4gb

そこで今回、このエラー改善のために「4gbパッチ」というものを使用しました。PCゲーマーにはおなじみかもしれませんが、古いソフトのメモリ認識制限量(4GB)を増やすためのパッチツールです。

 

4gb2

NTCORE(ココ)からパッチを落として、適当なところへ解凍。4gb_patch.exeを起動し、LR2BODY.exeを指定します。LR2.exeにパッチを当てるのではなく、Lr2body.exeの方にパッチを適応する必要があるので気をつけてください。

ちなみにパッチを当てる際に自動でexeファイルのバックアップを取ってくれますが、気になる人は元ファイルを先にコピーしておきましょう。

無事に適応できたら、いつものようにlr2.exeからbmsを起動してください。

 

 

自分の環境では、この4gbパッチを適用した後、一時間ほど発狂BMSをプレイしてもクライアントが強制終了しなくなりました。これまではもって数十分でしたので、プレイ環境が大幅に改善されました。

パッチ後もしばらくプレイしていますが、LR2body.exeは一度も強制終了していません。やはりメモリが悪さをしていたようです。

 

 

lr2body1

この忌々しいウィンドウからも、パッチ一発でおさらば。

ただ、4gbパッチを当てても、使用しているパソコンのOSが64bitでなかったり十分なメモリ量を積んでいない場合は効果がないので注意してください。

発狂BMS用のパソコンは十分にスペックが足りてるのに、どうしてエラーで落ちるんだろうか・・・とお悩みの方は、だまされたと思って一度試してみてください。

 

あとは、GLAssistココからダウンロードして、Ribbit!さんの次期難易度表カスタムフォルダ作成ツールを使って、リコメンドカスタムフォルダを導入すれば、発狂BMSがはかどること間違いなし。オススメです。

(Glassist用難易度表は同じくRibbit!さんのココが良い)

全然ピアキャスに関係ない記事だな・・・

コメント欄

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 8888888888888888888

コメント投稿はこちら

*

Return Top