ピアキャスト動画倉庫

動画配信界の限界集落、PeerCastのニュースサイト

ソロキャンパー飲む打つ、怒涛の連続配信 賞金王決定戦に向けて視界良好

nomu1

麻雀・FX・競馬・競艇が配信のメインコンテンツで、最近は一人でしんみりと行うソロキャンプ配信にも手を出している、頻尿じじいこと配信者飲む打つ年末に怒涛の連続配信を行っていた。

nomu3

飲む打つといえば、20代の健全な青年であることを自称するピアキャスの人気配信者である。しかしながらその実、田村ゆかりも真っ青になる程の年齢詐称を行っており、配信上で懐メロを口ずさんだり大昔のテレビ番組について語ったりする程のジジイである。

ジジイ故に配信では頻繁にお手洗いに駆け込むため、頻尿ジジイといじられているようだ。しかし、そういったイジリも軽くいなせるほどには柔和な人物である。配信内容は多岐にわたり、そのどれもがリスナーを楽しませてくれるサービス精神の旺盛な人物である。

 

CQjGhLpVEAAY1S3

メインコンテンツの競艇配信では、レスで書かれたリスナー枠を律儀に購入するなどしている彼。

飲む打つ配信あるあるといえば、リスナーとの雑談に気を取られたり買い目に悩んだ結果、投票締切時間に追われて無造作に1-2-3を購入するという癖があり、結果もあまり振るわない。2014年度には、配信上での負債が100万を越えてしまったことでおなじみだ。

この競艇配信でのエピソードには事欠かず、「大レースで応援していた峰選手が勝ち確状態でボートもろともコーンに突っ込んで絶叫する」・「大儲けだと思って大量に買った単勝が1.0倍になり発狂する」など、雑談系配信者に負けず劣らずの大立ち回りを見せている。

 

nomu2

そんな彼が、14日には「天鳳の4人打ち麻雀」で七段に昇段しそうだから、と配信を行った。この後、彼は2190ptまで減らして逃げるように配信を終わった。彼曰く、「配信上で麻雀を打つとロクなことにならない」だそうで。

 

ra3

翌日、珍しく連日配信を行った彼は、ボーナスで新パソコンを購入。これまで競艇のストリーミング動画を見るのでさえ時々カクカクになっていたおじいちゃんパソコンから、新しい配信向けのものに買い換え。

 

nomu1

某実機・サミタ系配信者の愛称 ドロダンゴ

そして翌16日には、なんと怒涛の3日連続配信。この日は、地方競馬で珍しくプラス収支。友人の配信者のアダ名がついた馬を応援するか応援しまいか迷った結果、見限って見事馬券が的中。年末の賞金王決定戦に向けてはずみをつけた。

 

suminoe4

今年の飲む打つ配信の集大成であると語っていた、競艇の祭典「賞金王決定戦」は、明日18日金曜日から開催される。果たして競艇芸人の飲む打つは、今年の最後を大勝利で飾ることはできるのだろうか。彼の賞金王決定戦配信が楽しみだ。

 

nogun5

最近は『珍しく』プラス収支が続き、トータルマイナス150万付近で踏みとどまっている飲む打つ氏(推定年齢40代)

コメント投稿はこちら

*

Return Top