ピアキャスト動画倉庫

動画配信界の限界集落、PeerCastのニュースサイト

【その他】AVerMediaのキャプチャボード、Live Gamer HD(AVT-C985)に関する情報をまとめてみた。

最近各所で話題に上がり始めている、AVerMediaのキャプチャボードLive Gamer HD(AVT-C985)が気になる。
img126fi0803_1
なんでも、H.264のハードウェアエンコーダが内蔵されており、自身がゲームをプレイ中に、同時に録画や配信をする際にCPUに負担がほぼかからないそうだ。

果たしてこのLive Gamer HDは、PC1台で高画質ゲーム配信をする配信者、ニコニコ動画等の動画投稿者の救世主となるのだろうか。各blog等で行われているレビューを拾ってみた。

 

まずは、Avt-c985の販売元であるAVerMediaの公式ページを確認してみよう。

img126fi0803_1img126fi2619_1
左側がキャプチャーボード本体。
右側は製品に付属する、USB接続で使用する録画ボタン。

本製品は、映像の入出力はHDMIのみ。ただDVI=HDMI変換コネクタやHDMIケーブル、オーディオケーブルは付属しているようだ。

snap0278s

映像データに関しては、グラフィックボードからキャプチャボードへ、キャプチャボードからモニターへ送信。

音声データに関しては、サウンドカードからキャプチャボードへ、キャプチャボードからスピーカへ送信とのことらしい。

付属品

・Live Game HD
・クイックガイド
・インストールCD
・ホットボタン
・DVI(オス)、HDMI(メス)アダプター
・HDMIケーブル
・HDMI(オス)、DVI(メス)ケーブル
・3.5mmミニピンジャック オーディオケーブル

入出力

入力端子
HDMI(DVI変換可)
3.5mmピンジャック

出力端子
=”font-size: x-large;”>HDMI(DVI変換可)
3.5mmピンジャック

システム要件

CPU
Intel Core2Duo E8400 以降
AMD ATHLON 64 X2 5600+ 以降

DirectX 9.0c以降に対応したグラフィックボード
メモリ512MB以上
Windows7 / Vista SP2(32/64bit)
PCI-E x1 スロット

各サイトによるレビュー

次に、大手サイトGIGAZINEの方で詳細なレビューが出ていたので、こちらを確認していただきたい。

フルHDのゲームプレイ録画がCPUに負荷をかけずにできるキャプチャボード「Live Gamer HD」を使ってみた

 

使用には空きPCI Express 2.0スロット×1が必要で、インストール等滞りもなく進んだ様子がレビューされている。

また、実際にLive Gamer HDを使用して、ゲーム動画をフルHDでキャプチャしてみた動画も投稿されているので確認してみよう。

それぞれ動きの激しいゲームだが、フルHDの30FPSで録画と同時にプレイができている。(検証に使用したpcスペック等は不明)

また、別の個人blogでは本製品のレビューを行っており、

inachiのブログ AVerMedia Live Game HD AVT-C985


この方によると、マイク、Skype、棒読みちゃんや読み子などのレス読み上げ音声についても、ステレオミキサーで使用することで配信に乗せられたとのこと。

こちらは、本製品が対応しているXBOX360を使って、MineCraftを録画しながらプレイしている様子。

・XSplitとの連携

inachiのブログ Live Game HD AVT-C985 + Xsplit ver1.1

それから、同レビュアーが指摘しているが、配信者とは縁の深いXsplitがバージョンアップにより、LiveGamerHDに正式対応した模様

これにより、Xsplitを使用して配信をしていても、カードでハードウェアエンコードが可能になったようだ。

本件に関しては、Xsplitの公式blogでも述べられており、詳細はそちらで確認していただきたい。以下概要のみを抜粋する。


・バージョン13以降のファームウェア、ヴァージョン22以降のドライバがそれぞれ必要
・Codec設定でAverMedia H.264を選択する

・ビットレートの値は、1000kbps~15000kbps 500kbps刻みで設定可

・AverMedia H.264を選択した場合、解像度は以下から選ぶ必要がある。また各解像度によって最大FPSが決められている

**最大で60FPSを使用可

576*360 注1
640*360 注1
640*480
720*480
768*480
800*600 注1
848*600
1024*768
1280*720
1280*768
1280*800

**最大で50FPSを使用可

720*576
1360*768

**最大で30FPSを使用可

1280*1024
1440*900 注1
1680*1050 注1
1920*1080 注1

注1・・・これらの解像度の場合、16で割り切れる数字に満たない画面サイズ分だけ、映像を黒ベタで埋めてしまう。

と、以上が公式blogより抜粋した内容だが、フルHDだと最大FPSが30に制限されている

この件について、実際に本製品を購入してレビューを行っているblogが存在したので紹介したい。

AVerMedia Live Gamer HD AVT-C985 応用編 XSplit

このblogでは、Xsplitと本製品を連携させる場合、

キャプチャとしてC985を使う場合は、エンコードがXsplitのX.264
キャプチャとしてXsplitを使う場合は、エンコードはAVerMediaのH.264

Xsplitに映像データを通した場合、C985はキャプチャとエンコーダの両方の機能が、同時には働かないと語っている。

AVerMediaにデフォルトで付属するRECentral(録画及び配信用システム、およびUSB接続の録画ボタン)に関しては、XSplitと競合するためにこの場合は使用できないとのこと。

Xsplit公式blogでも記載されているように、XSplitと連携する場合は、用途によってはC985を2枚必要とする場合もあるよ、とのこと。

このXsplitとAVerMedia Live Gamer HD AVT-C985との連携について、別のblogでも記述があったので紹介したい。


MacalonNacalon AVerMedia Live Gamer HD AVT-C985

このblogには、XsplitとAVerMedia Live Gamer HD AVT-C985と連携を行うと、先ほど公式blogより抜粋した通り、Xsplitのプリセットは弄ることができない、予め用意された設定群から解像度等を選択することになると記載されている。

また筆者はデュアルディスプレイ環境とのことで、HDMI入力端子が一つしかない本製品ではどうなるかわからないため、AVerMedia社に問い合わせた模様だが、本件はまだ調査中のようだ。

・総括

さて、本製品を一番詳しくレビューしていたblogをもう一度紹介しておきたい。

http://chiefmf.blogspot.jp/



これは、レビュアーがDiablo3をリアルタイムで録画し、
ルHD30fpsで出力した動画である。

このblogでも指摘されている通り、AVT-C985はCPUへの負担を抑えることがコンセプトのキャプチャボードであるため、高解像度や高画質での配信を極めるのであれば避けたほうが良いのではないか、とのこと。

とはいえ、そこまで動画のクオリティを極める必要がある人が存在するのだろうかおそらく大部分の人はこのキャプチャボードによるクオリティで納得できるものだと思う。

 

言い換えると、Youtubeやニコニコ動画に動画を投稿する目的や、動画配信をする目的でこのキャプチャボードを買って、エンコードなしでリアルタイムに出力した動画の品質が上の動画。

果たしてこの動画の画質に満足のいかない人物が、どれだけの割合で存在するのか、という問題である。


少なくとも、PC環境にこだわりのある人でさえ、その大部分が満足してしまうのではなかろうか

img126fi0803_1

本製品、AVerMediaのキャプチャボードLive Gamer HD(AVT-C985)は、現在Amazonのみで販売を開始している。販売開始日は9月20日。

19c13

9月20~23日に幕張メッセで開催される東京ゲームショーにも、発売日を記念して、アバーメディア・テクノロジーのブースで本製品が出展・販売されるようだ。

果たしてこの新しいキャプチャボードが、動画配信界や動画投稿者たちに革新をもたらすのだろうか

発売日以降に出てくるであろう多数のレビューを注視すると共に、発売元のAVer mediaによるファームウェアのバージョンアップによる更なる改善が望まれる。

 

ありがとうございました

GIGAZINE様
inachiのブログ様
MacalonNacalon様
AVerMedia Live Gamer HD AVT-C985レビュー様

東京ゲームショーで実演とか見てみたいですね

AVerMedia AVT-C985 ハードウェアエンコーダ搭載でゲーム実況をらくらく高画質配信

コメント欄

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. これだけピンポイントの用途で出してくれると楽でいいっすね

  2. かべつべの管理人のとこで紹介されてたけど
    flashとかにも対応してくれたらいいのにな
    今後に期待するわまじで

  3. 買おうとしたら売り切れてた
    TGS行けないから早く在庫補充してくれないかな・・・

  4. そもそもAmazonで予約とかできる状態
    見たことないんだけどあったの?
    予約できたこと

  5. わからない
    昨日見たときは在庫4個ぐらいあった
    Twitterで見る限りすぐ売り切れたらしい
    東京ゲームショーに結構な枚数もっていってるんじゃない?

  6. GPUでもほんのちょっとの余力でH264エンコできるけどソフトがないんだよな
    GPU持て余すの勿体無い

コメント投稿はこちら

*

Return Top